Just another WordPress site

原作:山中恒

脚本:浅野茜子

演出:川端清

音楽:横山太郎

人形美術:アトリエ”ドッポ”

音響:和田光昭

町へはたらきにいった息子の帰りをまち、
たったひとりで山の中に住んでいるおじいさん。
おじいさんはさびしくて、さびしくて、しんでしまいたいと思いました。
そんなある日、大入道があらわれます。でもよく見るとしっぽが生えていました。
たぬきが化けた姿だったのです。

こうしてたぬきはたびたびおじいさんを驚かせ、おじいさんもいつしか
たぬきがやってくるのを楽しみに待つようになりました。
ある日たぬきは、そろそろ本当の自分の姿を見せようとおじいさんの家に向かいました。
でもそこにおじいさんの姿はなく、一通の手紙がありました…